浄化槽

浄化槽の知識

浄化槽の知識が学べます。このサイトでは、浄化槽を長く使うために知っておいてほしいことや浄化槽の法律・資格などを紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

浄化槽の材質について

浄化槽本体の材質は、近年製造されるもののほとんどがプラスチック製(FRPやジシクロペンタジエン)でできています。 浄化槽の中で樹脂製のもの(FRP等)は、材質そのものの劣化が進みにくいため30年程度は補修等メンテナンスの必要がないと言われていますが、しかし浄化槽に外部からの力、浄化槽に過大な重量物が乗った(多い事例としてはダンプトラックなど重量のある工事車両が乗ってしまったなどがあります)、地震で過大な土圧、水圧が加わわったりすると破損や変形が発生してしまい、漏水や隔壁の変形、破損、さらには配管が外れて、勾配不良、浄化槽の水平の狂いなどが生じてしまったりします。 樹脂製のものに比べてRC製(鉄筋コンクリート製)については、特に腐敗式の浄化槽は、発生するガスにより、20年程度で内部コンクリートの劣化により、補修が必要になる傾向にあります。 ほかにも、浄化槽に設置されている機器類は24時間常に動いている機械もあるため5〜10年程度で故障が発生してしまう場合が多いです。
浄化槽のしくみ

浄化槽管理士のテキスト

浄化槽を適正に維持管理していく上で、参考となるテキストはないものか?浄化槽管理士の公式テキスト(標準書)のようなものが(財)日本環境整備教育センターから出版しています。
「浄化槽の維持管理」浄化槽管理士講習テキストといわれるもので浄化槽概論からはじまり保守点検、清掃、修理、改善まで幅広く書かれています。
この参考書を活用していくと良いと思います。また、(財)日本環境整備教育センターからは「浄化槽用語辞典」や「浄化槽基礎知識」など基本的な事柄から「窒素除去型・膜分離型小型合併処理浄化槽維持管理ガイドライン」など高度な事柄までの書籍がそろっています。
浄化槽の維持管理にいきづまったときは一度参考にされるとよいでしょう。

 

浄化槽の管理

浄化槽の法定検査について

浄化槽には法定検査といわれる検査をうけるのが法律で決まっています。そして、中にはその検査にて「不適正」の通知を受ける場合があります。「不適正」の通知を受けた場合どうしたらよいでしょうか? 浄化槽の法定検査機関から浄化槽管理者(浄化槽を使用している人)へ提出される、検査結果書には、1.適正、2.おおむね適正、3.不適正の3段階の判定が記載されます。 このうち「不適正」の判定が記載されている場合には、検査結果書にしたがって工事業者や保守点検業者に相談し、適切な措置をしなければなりません。その際には、保健所等からの指導がありますので、まずはそれに従って改善を行ってください。 これらの通知や処置は、自治体によって若干の違いがあると思いますが、おおむね同じような内容だと思います。
浄化槽に関わる法律

浄化槽の蓋について

浄化槽の蓋について今回はふれたいと思います。浄化槽の蓋は適正に使っていればそうめったに取り替える物ではありません。しかし、車がのって割れてしまったり、蓋の開閉の際に割ってしまったり、もちろん蓋も紫外線や長年の雨風で劣化していってしまいます。
浄化槽用の蓋(マンホール)は手に入れることがとても困難で、ホームセンターなどでもめったに販売していません。直接メーカーに問い合わせるか、浄化槽の維持管理会社を通して購入するのが一般的だとおもいます。(もちろん、ネットでも販売していますし、中にはオークションでも時々みかけますよ)
浄化槽を安全に維持していく為に蓋は重要な役割を果たしています。蓋も当然の事ながら、使い続けると時と共に老朽化が進み、がたつきがでてくれば、悪臭の発生の原因となります。
浄化槽用の蓋をご購入の際は必ず耐荷重、サイズをお確かめ下さい。(サイズは気温等によって若干の誤差が生じますので、多少のがたつきはでてきますよ。多少ですが・・)
浄化槽の管理

シーディング剤とは

浄化槽からの臭いを消すためにシーディング剤と呼ばれるものを投入する場合があります。浄化槽からの臭いの原因の一つに浄化槽内の微生物(バクテリア)の状態が良くなく汚水をうまく処理しきれないために発生してしまう臭いがあります。 その臭いを消すためにシーディング剤を投入します。シーディング剤とは微生物や酵母(こうぼ)を保存剤で保存させ、乾燥させた粉状のものです。これを入れることで浄化槽内の微生物の状態を良くし臭いをおさえます。 ほかにも、浄化槽の初期の立ち上げ時にシ−ディング剤を投入する事で、バクテリアの初期の発生を促し、浄化槽の機能を安定させ、早く立ち上げる事が出来ます。立ち上げ時によくある臭いや泡立ちも消すことができます。
浄化槽のしくみ

浄化槽と下水道の比較

浄化槽と下水道、どちらも家庭からでる汚水を処理する施設ですが、この二つにはそれぞれ特徴があります。まず、浄化槽の特長としては、設置から処理開始までが短期間でできることと比較的安価に設置できること。
また家が点々と散在する地域では、きわめて効果的な施設であることです。(つまり、下水道の場合はその家の前まで下水道管を埋設してこなくてはならないため、点在している地域では下水道を設置するのに多額の費用がかかる)
しかし、浄化槽は保守点検や清掃などで適切な管理がされないと放流水が悪化してしまい環境汚染につながってしまう可能性があるということです。



浄化槽のしくみ

浄化槽の再利用について

今回も前回の続きで浄化槽の再利用について紹介したいと思います。
浄化槽内に入れた水中ポンプで浄化槽内の水をくみだし、庭の芝生や家庭茶園の野菜などに水をやります。わざわざお金をかけて浄化槽に砂やコンクリートを流し込み埋めてしまうよりもよっぽどエコで経済的だとおもいます。
しかし、ここで注意する点は浄化槽は中に砂や水などが入っていないと地面の土圧でつぶれてしまう点です。散水などで浄化槽内の水を使うときなどは全部を水中ポンプなどでくみ出してしまうのではなく三分の一程度は残しておくことをお勧めします。もしくは三分の一程度コンクリートを流し込み土圧でつぶれてしまわないようにしておくのがよいでしょう。
浄化槽の再利用

浄化槽の再利用について

浄化槽が下水道への切り替えで必要なくなったときどうするか?以前紹介したと思います。必要がなくなった浄化槽はもう一度掘り起こして撤去してしまったり、中に砂やコンクリートなどをいれて埋めてしまう方法などがありました。
今回はもう一つの浄化槽の再利用の方法を紹介したいと思います。その方法とはズバリ雨水などを貯水するタンクとして再利用する方法です。下水道へ切り替えて必要なくなった浄化槽をまず清掃業者に頼んできれいに掃除してもらいます、その後雨水等が入るように配管を改造し庭や家庭菜園の野菜などの散水に利用します。問題は浄化槽は地中に埋まっていますのでどう水をくみ出すか?ですがこれは水中ポンプを使用します。水中ポンプといえば高そうな感じですが以外とホームセンターなどで数万円から売っています。
浄化槽の再利用

浄化槽の大きさについて

浄化槽の説明やお話をしていると必ずでてくるのが、「○○人槽」という表現です。この表現、素人というか一般の人が聞くと家には4人住んでいるから、浄化槽は4人槽。だと思われがちです。
ちょっとまぎらわしいのですが、浄化槽の大きさは住んでいる人の人数ではなく、家の延べ床面積で決まります。
例えば、「130岼焚爾錬疑輿紂■隠械悪岼幣紊錬型輿紂廚箸いΥ兇犬任后さらに、例外的に2世帯住宅で、お風呂と台所がそれぞれ2カ所あれば浄化槽の大きさは10人槽となります。よく勘違いされますので注意しましょうね
浄化槽のしくみ

浄化槽の水質検査

浄化槽を適正に維持管理していく上で重要なのが、水質の管理です。その中でももっとも簡単なのが透視度(Tr)の測定です。透視度とは浄化槽から浄化されて出てくる水、つまり放流水の澄み具合を計ります。透視度はBODと関係があり、数値が高いほど水の汚れが少なく、きれいな水といえます。測定方法は簡単で、メスシリンダーのような物(透視度測定用の専用の物があります)の中に専用の×印の入ったプラスチックを入れ、そのメスシリンダーの中に中に放流水を入れます。次にメスシリンダーの上からのぞき込み、少しずつ放流水を捨てていきます。中の×印がはっきり見えたらその時の高さをセンチメートル単位で読みとるだけです。
次に、生物化学的酸素要求量(BOD)と呼ばれる物があります。生物化学的酸素要求量(BOD)は浄化槽内の微生物が有機物を分解する際多くの酸素を必要としますので、その酸素の消費の量を汚濁の度合として計測します。BODはそれぞれの浄化槽に目標水質が設定されており、その数値が低いほどきれいな水、つまり環境への影響の少ない水といえます。

浄化槽の管理

浄化槽