浄化槽

浄化槽の知識

浄化槽の知識が学べます。このサイトでは、浄化槽を長く使うために知っておいてほしいことや浄化槽の法律・資格などを紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

合併浄化槽と単独浄化槽

浄化槽には、以前紹介したように合併浄化槽と単独浄化槽があります。

合併浄化槽と単独浄化槽をもう少し詳しく説明すると・・

単独浄化槽とは、便所からの汚水のみを処理するもので、生物化学的酸素要求量(BOD)除去率65%以上、放流水のBOD濃度90ppm以下であることが決められています。そして、日本では2001年4月1日に新設が禁止されました。

合併浄化槽は、雑排水と便所からの汚水を併せて処理するもので、BOD除去率90%以上、放流水のBOD濃度20ppm以下であることが決められています。


浄化槽の種類

浄化槽の種類

浄化槽も時代と共に改良されています。昔の浄化槽はトイレからの汚水のみを浄化槽に流し、水をきれいに処理し側溝などに流しており、その他のお風呂やキッチンからでる汚水はそのまま側溝などに垂れ流していました。

単独浄化槽とは、トイレの水だけをきれいに処理するもので、トイレの水はもちろんお風呂やキッチンからの水もいっしょに処理するのを、合併浄化槽といいます。


単独浄化槽(トイレからの水だけを処理する)ばかりになると、当然ですが側溝や水路などが汚くなりますね。そこで、2001年に単独浄化槽の製造が禁止されました。
現在では単に「浄化槽」と言えば「合併処理浄化槽」のことをいいます。

浄化槽の種類

浄化槽とは

浄化槽(じょうかそう)とは、水洗式便所と連結して、し尿(糞および尿)や雑排水を処理し、終末処理下水道以外に放流するための設備である。と浄化槽法により規定されています。
一般的によくお目にするのは、一般家庭の駐車場とかお庭にマンホールの蓋が3つぐらいならべてありますよね?この蓋が浄化槽の蓋です。冒頭の言葉を分かりやすく説明すると「トイレやお風呂、キッチンの流しからでる、汚水(汚くなった水)を下水道管に流すのではなく、浄化槽に流し浄化槽内できれいに処理し側溝などへ流すための設備」ということになります。

浄化槽というのは、浄化槽清掃や浄化槽点検など浄化槽管理をおろそかにすると悪臭が発生したりして生活環境が悪化してしてしまいます。


浄化槽の種類

浄化槽