浄化槽

浄化槽の知識

浄化槽の知識が学べます。このサイトでは、浄化槽を長く使うために知っておいてほしいことや浄化槽の法律・資格などを紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< 浄化槽について(しくみ編) | 浄化槽 | 浄化槽と糖尿病の薬 >>

浄化槽の臭い

浄化槽からの臭いがくさいという苦情の声がよく聞かれます。

浄化槽を設置した施工業者のミスだと思われがちですが、浄化槽からの悪臭というのは完全になくすことはできません。


もし室内のトイレ、洗面台、風呂場、台所などから臭気が匂うのであれば、それは浄化槽の問題ではなく、臭気トラップがきちんと働いていないという別の問題になります。

浄化槽は3層全部上部でつながっているので、どのふたからでも臭気は出て行きます。


浄化槽の蓋も密閉式ではないので、当然そこから臭いが漏れてしまいますし、微生物のためにエアーを送り込んでいるので余計臭うように感じてしまいます。
対策としてよく行われるのは、臭気抜きをつけることです。普通は配管を立ち上げて下向きにし防虫アミをつけたものですが、配管の先に強制ファンを付ける場合もあります。
臭気抜きは見栄え等の問題からも付けない所が多いようです。
ただ、臭気抜きをつけたからといって臭いがなくなるわけではなく、においの出口を変えただけですので風向きによっては、今まで苦情がなっかたお宅から苦情がくるかもしれません。
他にも、悪臭の原因としては、浄化槽の能力に合った適正の量と質の汚水が浄化槽に入っていなくて、微生物の状態がよくない場合も臭いがきつくなります。
浄化槽の処理能力以上の汚水を流している場合はもちろんですが、逆の場合でも微生物に悪影響をあたえます。
たとえば、浄化槽が10人槽で(家がかなり大きい)住んでるのは1人きりの場合などでも微生物のえさとなる汚水が少なすぎて、微生物が充分な活動ができない場合でも悪臭がひどくなります。

JUGEMテーマ:家庭


浄化槽の管理

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jyoukasou.jugem.jp/trackback/45
この記事に対するトラックバック

浄化槽